読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤクマメ-薬の豆知識サイト-

薬を1つ1つ豆知識を踏まえながら覚えていくサイトです。薬剤師、薬学生の勉強のオトモに。

サルメテロールのまめちしき

アドレナリンβ2受容体刺激薬

f:id:yakumame:20160907165937j:image

 

f:id:yakumame:20160907170023p:image

 

 

喘息の吸入薬ではアドエアがよく知られていますが、今回はそれに含まれるサルメテロールについて紹介していきます。

 

 

基本的な薬効・適応

 

アドレナリンβ2受容体を選択的に刺激することによって気管支の拡張を促します。

 

約12時間と長い時間作用するという長所を持っていて、喘息治療では発作予防のコントローラーとして使用されます。

 

また、慢性閉塞性肺疾患(COPD)にも用いられます。

 

 

 

他のβ2刺激薬との比較

短時間作用性β2刺激剤であるサルブタモールの作用持続時間が4-6時間なのに対して、サルメテロールはおよそ12時間持続する。ただし、サルメテロールは吸入から効果発現までに時間がかかる。

参照:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/サルメテロール

作用が長いのでコントローラーとして使用するようです。

 

しかし、作用発現までの時間が長いためにリリーバー(発作改善)としての使用には向かないようですね。

 

 

 

アメリカでの調査による評価

アメリカのFDA(米国食品医薬品局)の発表では、サルメテロールが重症の喘息悪化及び喘息関連死に関連があると発表しており、2006年に発表されたアメリカでの調査によれば、7ヶ月間の喘息関連死のリスクは、サルメテロール使用群では1万3000人中13人に対し、プラセボ(偽薬)群では1万3000人中3人であったことが報告されています。

参照:http://bimishunka.web.fc2.com/allergy/kus21.html

 

 

 似たβ2刺激薬

yaku-mame.hatenablog.com

 

補足資料

 

セレベント

添付文書:http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00050072.pdf

インタビューフォーム:http://www.info.pmda.go.jp/go/interview/1/340278_2259708G1022_1_010_1F